辰巳家の食卓

  1. HOME
  2. 連載
  3. 食べることと生きること 文・対馬千賀子

二月の記録
02_00

食べることと生きること 文・対馬千賀子

病人を救うおいしいお米
 辰巳芳子先生は、今年の誕生日で100歳を迎えます。
 ご自身が傘寿を過ぎてからの感覚について、辰巳先生はこうおっしゃっています。
「80歳のころは1か月ごとに、90歳になると1日1日と歳をとるように感じるのよ」
 それでも健康に過ごせる理由はさまざまあるのでしょうが、やはり食べられることが大きいように思います。現在も食欲は十分にあり、毎日の食事を楽しまれているのです。
 そんな先生も、過去に何度か体の不調で入院することがありました。
 私が辰巳家で暮らすようになる以前は、胆嚢の手術のために入院されていたことがあったそうです。入院したのは大部屋で、同部屋のみなさんのほとんどはがんを患っている方でした。先生は「あなたはいいわねえ」と口々に言われ、少し肩身が狭い思いをしていたそうです。
 しかし、辰巳先生はその入院中に、なんと病院の中にあった給湯室の小さな台所で牛肉を焼いて食べたらしいのです。その話を聞いた時、入院患者がそんなことをしてよい病院があるのかと、私は正直びっくりしました。
 辰巳先生が、続けます。
「肉を焼いていたらね、病院の先生が顔を出して、いいにおいがするねぇって言うのよ」
 そのころには辰巳先生もかなり回復されていたのでしょうが、病院の先生ののんびりした対応も、今ではとても考えられないような気がします。
 ほかにも辰巳先生が若いころの思い出話を聞く機会がありますが、登場する方々の立ち居振る舞いがとても柔軟だと感じます。もちろん、その当時も規則はいろいろあったと思いますが、今より寛容な心の持ち主が多かったのかもしれません。もしかしたら病院で肉を焼くにあたって辰巳先生は、あらかじめ病院の許可を得ていたのかもしれません。それにしても、その実行力には驚かされるばかりです。
 肉を焼くだけでなく辰巳先生は、入院中に出される食事について感想を書いていたとも話していました。その日の料理の感想を綴ったり、次はこんなメニューはどうでしょうと提案したりしたメモを、回収される食事のトレイに忍ばせたそうなのです。
「そうしたらね、本当にそのメニューを出してくれたのよ。大変でしょ、だって入院している患者さん全員の分だもの」
 と、当時を思い出し楽しそう。
 私は幸いにまだ入院の経験はありませんが、もし入院するようなことがあれば、辰巳先生の感想文を真似てみようかと考えています。病院食を作る方も患者から直接感想をもらう機会は少ないと思いますし、食べたいものもリクエストもしてみたい。リクエストしたとしても、とても叶わないとは思いますが。
 前の入院からしばらく経ち、私が共に暮らしている間にも辰巳先生は入院を余儀なくされたことがありました。その時に病院の食事について、先生はしみじみと話をしてくれました。それは、病院で出されるお米のことです。
「お米がおいしいと、お粥でもご飯でもしっかり食べられるの。おかずがそれほど食べられなくても、ご飯をしっかり食べていると不思議と元気でいられるのよ。でもね、ご飯がおいしくないと食欲が失せて、弱っていくように感じる。やはり、ご飯がおいしいということは何よりも、とっても大切なことなんだ」
 おいしいご飯が食べられる、私たちにとってそれは当たり前で日常的なことかもしれません。当たり前だと思っていることが当たり前でなくなった時、その大切さに改めて気づかされます。
 考えてみると昔の日本人が食べていたものは、少しのおかずと汁ものに、山盛りのご飯。毎日でも食べ飽きることはなく、日本人にとって炊きたてのご飯のおいしさは、かけがえのないもののひとつではないでしょうか。
 おいしいと食べられる、おいしいお米を作り続けて下さる皆様に感謝。
二月の記録(献立記録から)
2月2日
朝 スーパーミールと牛乳 パン りんごジャム 野菜サラダ 野菜スープ にんじんとりんごのジュース 紅茶 山羊ミルクのヨーグルト
昼 かやくごはん(ほたて にんじん ごぼう 椎茸 黒米) ねぎのスープ 鯖の塩焼き 厚焼き卵 白菜の煮もの たんかん
夜 かやくご飯 スペアリブと大根と麦のスープ えがに(のこぎりがざみ) かぶの浅漬け 日本酒 抹茶のパウンドケーキ

2月8日
朝 パン かぼちゃ ブロッコリ スパゲッティ(前日の残り少々) にんじんとりんごのジュース 紅茶
昼 餅(きなこ 海苔) 椎茸スープ 甘鯛の干もの 肉じゃが ヤーコンのきんぴら ごぼうとスペアリブの煮もの 漬けもの(大根) 黒豆のロールケーキ
夜 ごはん(三分米) にんじんスープ ハンバーグ ブロッコリ 焼きトマト ほうれん草のソテー 切り干し大根と里いもの煮もの 漬けもの(大根 たくあん) 黒豆プリン

2月9日
朝 パン 野菜サラダ ねぎとしょうがのスープ コーヒー にんじんとりんごのジュース 
昼 ごはん(三分米) 鯖のムニエル ふわふわ卵 わかめと赤豆の煮もの 豆腐とブロッコリの炒めもの 漬けもの(大根)
夜 ごはん(三分米) 椎茸スープ 牛肉のソテー ふわふわ卵 切り干し大根 じゃがいも さつまいも ぶどう豆 たらこと海苔の和えもの 漬けもの(大根 赤かぶ) 赤ワイン たんかん

2月16日
朝 パン にんじんサラダ 野菜サラダ りんごジュース 紅茶 ヨーグルト
昼 ホット・ドッグ 牛すじと野菜のスープ 野菜サラダ 白いんげん豆の煮もの 紅茶
夜 フランスパン アイスバイン(ドイツ料理、豚すね肉の煮込み) レンズ豆の煮もの さつまいものスープ 打ち豆のサラダ 即席ザワークラウト ソーセージ きゅうりの酢のもの 白ワイン プリン

2月17日
朝 フランスパン 目玉焼き ポム・ピューレ(じゃがいものピューレ) ねぎとしょうがのスープ 紅茶 ヨーグルト
昼 にゅうめん(牛すじ ねぎ 水菜 白菜 ごぼう 油揚げ) ローストポーク(少々) 白菜の中華風 魚の子の煮もの ザワークラウト プリン
夜 お寿司 ぬちぐすい(鰹節の出汁) 煮なます 豆のサラダ 日本酒 このわた 鰤大根の大根

2月24日
朝 パン 鶏 野菜サラダ にんじんとりんごのジュース ヨーグルト 紅茶
昼(外食・そば)
夜 ごはん(ゆり根入り) 蓮蒸し ローストポーク 蓮根の丸蒸し だだ茶豆のベシャメルソース和え ゆり根のグラタン 椎茸の煮もの わさび漬け 漬けもの(大根)

2月25日
朝 スーパーミールと牛乳 にんじんとりんごのジュース にんじんのスープ ブロッコリ パン コーヒー
昼 トマトごはん ラグー 焼き豚 キャベツの浅漬け ピクルス(きゅうり 赤、黄ピーマン) にんじん葉の和えもの かぶら寿司 野菜サラダ いよかん
夜 ごはん 白菜とほたてのスープ うずらの味噌漬け焼 蓮根の丸蒸し うなぎ だだ茶豆のベシャメルソース和え 椎茸と鶏肉の炒めもの ブロッコリ ゆり根 マンゴーシャーベット